« 「スターもいい作品に巡り会えてこそ輝く」・・・ヒース・レジャーの場合 | トップページ | 久しぶりに虹を見ました »

代表監督が決まった!

とうとう日本代表・新監督が決まりました。イタリア人のアルベルト・ザッケローニ氏です。JFA原技術委員長がスペインと交渉していたので、てっきりスペイン系(バルサを理想とする)”攻撃的パスサッカー”の監督が来ると期待していたのですがまさかイタリアから来るとは!ザッケローニ氏は「美しく、これが日本だといわれるチームを作りたい」「バランスの取れたチーム」と抱負を述べています。トリノ在籍時に監督下にいた大黒(FC東京)は「雰囲気はおだやかな感じだが、守備では徹底した決まり事があり攻撃面でもいろいろな動きを指導された」といっています。(「毎日新聞」)                                 
Photo
イタリアサッカーには「カテナチオ(かんぬき)」という伝統、それは”1:0を美学とする守備サッカー”であると聞いていたので少しがっかりしましたが、彼自身のスタイルは”3トップ、4バック”の攻撃サッカーだと聞いて安心しました。ただ、① セリエAの強豪チームを長年歴任してきた(最後はユベントス)が最近では「過去の名監督」といわれている。②代表監督の経験がない。 ということで不安の声も聞かれます。ヨーロッパから監督が日本へ来たがらないのは① 日本が東アジアのへき地であるため”監督市場”から離れて忘れられるという危惧。 ② 同様にリアルタイムのヨーロッパサッカーを肌で感じられず、カンが鈍る。ということにあるそうです。これらを考えるとオシムさんなどは損得勘定抜きでよく来てくれたものだと思います。                                      

間近に迫ったキリンチャレンジカップ(vsパラグァイ vsグァテマラ)は原氏が指揮をとるそうですが、今のところ岡田監督の”古井戸”メンバーが主力で、オシムさんの時の”新しい井戸水が湧き出たような”印象がないのは仕方のないことでしょう。新監督に徐々に新しい水脈を見つけてもらいたいものです。                              

* 追記: 日本代表の愛称「SAMURAI・ブルー」「なでしこジャパン」は、「アズーリ(イタリア代表)」「レ・ブルー (フランス)」を真似て(おそらく電通が)つけたものでしょうが、時代錯誤を超えてJFAの旧い体質(女性観)を露呈したものだと思います。私は辞めてもらいたい。 とりわけ戦前の女性観”貞節で奥ゆかしく銃後を守る”「ヤマトナデシコ」の亡霊をゾンビのように生き返らせないで欲しいと願っています。                                            

« 「スターもいい作品に巡り会えてこそ輝く」・・・ヒース・レジャーの場合 | トップページ | 久しぶりに虹を見ました »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402646/36479544

この記事へのトラックバック一覧です: 代表監督が決まった!:

« 「スターもいい作品に巡り会えてこそ輝く」・・・ヒース・レジャーの場合 | トップページ | 久しぶりに虹を見ました »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ