« たばこは怖い・・映画「インサイダー」 | トップページ | 久しぶりに京都に行ってきました »

ザック・ジャパンの門出・・キリンチャレンジカップ2010/対アルゼンチン戦

Photo_2
久しぶりに面白い試合を堪能しました。埼玉スタジアムのチケットは発売後15分で完売したそうで、6万を越える観衆もさぞや満足して家路についたことでしょう。アルゼンチン代表はほぼすべての選手がヨーロッパのトップリーグで活躍しているスター選手、なかでもメッシ、テベスは世界的スターです。アルゼンチンは南米の中でもヨーロッパ的な洗練されたパスサッカーが特徴、南アでは準決勝(だったと思う)でドイツに完敗しましたが(これは指揮官マラドーナが悪すぎた)、新しく監督も替わり再出発のため勝ちたい試合だったし、また遠い日本に来るための疲れやメッシの怪我などあっても「まあ、簡単に勝てるだろう」と思っていたのではないでしょうか。                                            

しかし、そうは問屋が卸さなかった。立ち上がりこそ,見事なボールキープで日本のエリアに 攻め込み、圧倒的な力の差を見せつけるかと思いきやわが代表もチーム連携を強めコンパクトに中央を固めてメッシ、テベスを中心とする強力な縦への斬りこみを許さず、長友らディフェンス陣を中心にメッシを封じた。しかし、メッシというのはつくづくすごい選手だと思いました。長距離の超スピードのドリブルでゴール前に持ち込み、体を崩さずシュートを放つ。3、4人に囲まれても俊足で抜け出て転倒すらしない。転倒してファウルを取ろうなどという卑しい根性はこれっぽちも無いように見えました。 

そして前半19分、エリアの左から本田が放ったシュートのこぼれ球をピッチ中央の長谷部が拾い、思い切った力強いミドルシュート。GKが球の勢いに負けて右にはじいた所へ詰めてき た岡崎が右足で蹴りこんで日本先制です。後半は次第にパスミスが目立ち始めたアルゼンチンに対して日本は最後まで集中を切らさず、全員攻撃、全員守備で最後のアルゼンチン の猛攻をしのぎました。                  

この勝利は歴史上対アルゼンチン戦(過去6戦全敗)初の勝利だそうです。日本の選手は球際、空中戦ほぼ互角に戦うことができていました。ザックは「横パスはダメ、縦へ縦へと出せ」と指導していたそうで、従来の日本の曲芸師みたいに上手い(?)とヨーロッパに褒められる(揶揄される)?、だけどそこから先のカベを崩せないストレスの溜まるサッカーからシンプルにゴールを目指すサッカーへの転換に成功したようでした。シュート数もアルゼンチンを上回ったそうです。                                                     


ザッケローニ氏は普段は穏やかな好々爺にみえますが、試合に入ると表情ががらりと変わり鋭い目つきの厳しい勝負師の顔に変貌したのが驚きでした。さすがヨーロッパ・トップスリーのセリエAの歴戦の知将です。        追記: ロスタイム1分でのメッシの最後のFKあわや同点かと思いました。(^^;)            川島の活躍も少なく見ても得点2点ものでした。最後は傷んで交代しましたが。    

« たばこは怖い・・映画「インサイダー」 | トップページ | 久しぶりに京都に行ってきました »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

最初の写真はメッシに絡む長谷部と今野ですが、トゥーリオ、中澤のセンターバックを欠いた日本代表がどんな守備をするのか心配でしたが、センターバックをカバーするサイドバックの長友、ボランチの長谷部、遠藤もよくやってくれたのでトゥーリオ、中澤がいなくても立派にやれることがわかった。相手がアルゼンチンだったのだから。日本代表の層も厚くなった言っていいのかもしれない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402646/37149801

この記事へのトラックバック一覧です: ザック・ジャパンの門出・・キリンチャレンジカップ2010/対アルゼンチン戦:

« たばこは怖い・・映画「インサイダー」 | トップページ | 久しぶりに京都に行ってきました »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ