« 映画「クラッシュ」にみる多民族国家アメリカ | トップページ | ジェーン・オースティンの世界・・「プライドと偏見」 »

サッカー第25節・・鮮やかな小野伸二のミドルシュート

Photo
何といっても小野(清水)の3年ぶりの25mの素晴らしいミドルシュートが今期のピカ一のニュースでしょう。ドイツW杯の対オーストラリア戦で1点リードの後半、ジーコの訳の分からない(選手達にも)小野の交代出場が最終の”魔の7分の3失点”のはじまりであるかのような印象を与え、その後現在まで代表に選ばれることもありませんでした。すでに年齢は31才ですが欧 州(オランダ・フェイエノールトetc)での活躍も長く、まだまだ十分選出されていい選手だと思います。                  

名古屋の快進撃はますます勢いをましています。対仙台戦の後半43分、監督にFWにポジションチェンジを指示されたトゥーリオは右靱帯損傷を抱えながらも絶妙の右からのクロスで走り込んだ小川のゴールをアシストしました。なおストイコヴィッチ監督は来る国際Aマッチ試合へのトゥーリオの欠場をJFAに要請したということです。一方、仙台で初招集されたGK権田は逆転負けしたにも関わらず素晴らしいパフォーマンスを見せました。        

サンフレッチェ広島の李 忠成が3期連続ゴール、しかも2得点です。(写真右下)今期も若手の活躍が目立ちま した。G大阪の平井将生(23才)、チームは逆転負けしたというものの、後半15分のゴール、細かいパス回しからルーカスが出したパスを相手のディフェンス網から一瞬抜け出た平井が右足でファーの左隅に蹴りこみました。これで平井は今期11点でランキング4位に入りました。   

海外では長谷部(ヴォルフスブルク)が活躍、右クロスでカーレンベルグの先制ゴールをアシストしました。このあと国際Aマッチウィークで帰国の予定です。イングランド・レスターの監督に、前代表監督エリクソンの就任が決まったようです。監督が交代すると普通数人のお気に入りの選手を連れてくるということで、選手達の出場にも大きな影響を与えます。(長谷部が今期、出場機会が少なくなっているのもそれが1つの理由)阿部にとって良い監督交代になればいいのですが。

« 映画「クラッシュ」にみる多民族国家アメリカ | トップページ | ジェーン・オースティンの世界・・「プライドと偏見」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

小野は技巧的な面だけが注目されがちですが、しっかりしたパワーの持ち主でもあります。小野自身が技巧に執心すると周りがついていけなくなるのでもっとパワーを強調するようにして欲しい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402646/37069571

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー第25節・・鮮やかな小野伸二のミドルシュート:

« 映画「クラッシュ」にみる多民族国家アメリカ | トップページ | ジェーン・オースティンの世界・・「プライドと偏見」 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ