« つれづれなるままに・・・秋の散歩道 | トップページ | 秋の散歩道・その2・・・医者通いだけれど »

広州アジア大会・・・サッカー・トーナメント/vsインド戦

Photo_3
午後4時からLIVEで実況があり、予想通り終わって見れば5:0と完勝だった。前半17分、山口のスルーパスにDFの間に走り込んだ永井がワントラップから落ち着いてGKを横にかわしてシュート。(永井は後半6分にも2点目をあげた。)その後前半28分には山崎が45分に山村のヘディングシュート。そして後半17分の水沼(2世)のゴール。以上すべて流れから 相手の守備を崩してのゴールでした。(^^) これでベスト8になったわけで次回はタイとの準々決勝ということになりました。                                  

”勝ったからいい気になって”というわけではないが、不愉快だったのはスタンドの反応。おそらくインドからのサポーターは少なく殆どが中国人だったと思いますが、日本にがミスをしたり、ボールを取られてインドがボールを持つと大歓声が上がる。もちろんどちらを応援しようが自由だが、ホスト国がここまで片一方を応援するのは他では見られない。「君たち、サッカーが好きで来たんじゃないのかい?。それとも日本が負けるのを見るためにきたの?」とついつい、観客としての質の低さがイヤになって途中から「消音」で見たのであった。      

さらに就寝間際に見た柔道、”逃げる一方で何のワPhoto_6 ザもない”中国選手の優勝にあ然とした。このジャッジ、柔道を冒涜しているし勝った選手にも失礼だよと思った。          

スポーツ大会というものはつくづくナショナリズムと強く結びついているモノと痛感した。過去に日本がしかけた日中戦争や中国東北部の植民地化については十分知っているはずの 私(ブログ主)ですら、こういうことがあると感情的に怒るのだから。(それとこれは別で怒って当然だとは思うけど)偏狭なナショナリストでは無いつもりだけれどスポーツはやはり見ていて気持ち良くないと・・・。(試合開始直後に故障して負けても善戦した平岡などは立派だった)

  アジア競技大会は1951年の第一回以来、さまざまな国家間のトラブルの影響を受けながら続いてきた。そして回を重ねるごとに競技種目が増え、大規模化している。メダル数もすでに中国メダル135個と多く、「メダルの多い国は強い国、優秀な国」でもあるかの様相を呈している。                                                  

五輪もそうだがメダル数はその国の国民のスポーツ享受水準に比例していないのが現状である。「文化的で健康な国民の生活」を反映するものでなければ逆に「偏狭なナショナリズム」発揚の場となってしまう。                                      

さらにオリンピックといい、FIFAワールドカップといい大会が大規模化すればするほど巨額のカネが集まり(スポンサー料、なんせこれほど広告効果の巨大なイベントは他にないから。そしてほぼ世界全部の200ヶ国への放映料など)必ず主催者の収賄などが出てくる。(先月明らかになったFIFAの理事の次々回開催国決定での収賄)                   

さらに今後もっとも怖いのは「テロの脅威」。「宣戦布告も終戦協定もない21世紀のテロ戦争」にとって絶好の戦場となりかねない。私はオリンピック廃止論者である。(または種目縮少) すでにFIFAは五輪へのサッカー参加には消極的で、辛うじて年齢制限(U23)を設けて参加、現実でもヨーロッパの強豪国の多くは参加していない。(W杯、ユーロカップ、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAカップ、コンフェデレーションズカップなど選手に負担が大きすぎる。)野球、サッカーなどナショナリズム高揚の大きい競技で、他に国際大会を持つモノは参入しないようにした方がよいと思う。映画「ミュンヘン」を見て、このようなテロが(これは11人のアスリートが殺されるという事件だった)が2度と起こらないという保障はどこにもないのだから。Photo_2

« つれづれなるままに・・・秋の散歩道 | トップページ | 秋の散歩道・その2・・・医者通いだけれど »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402646/37703747

この記事へのトラックバック一覧です: 広州アジア大会・・・サッカー・トーナメント/vsインド戦:

« つれづれなるままに・・・秋の散歩道 | トップページ | 秋の散歩道・その2・・・医者通いだけれど »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ