« 「終わり良ければすべて良し」・・・アジアカップ準々決勝・対カタール戦 | トップページ | 韓流にはまる日々・・・あまりにも低かった女性の地位「黄色いハンカチ」・韓国ドラマ »

「終わり良ければすべて良し」その2・・・行くところまで行ったゲームだったけれど

Photo_10 
やはり、日韓戦はそう簡単に決着のつくゲームではなかった。立ち上がりは韓国が意外にもスロースターターという感じで、日本の攻撃の形が何度も決まり、縦パスもどんどん入って「これは上手くいったら2点はとれるかも?」と楽観。ところが前半22分、PKエリアに走りこんだパクチソンを今野が倒しPKを取られる。(これはパクチソン確信犯のシュミレーションと思えた。)                                                    

しかしその後前半36分、日本の思惑通りにチャドゥリの裏をついた縦パスが本田から長友へ、ドリブルでこれを持ち込んだ長友がDFを引き付けていったんマイナスに折り返し前田へ、前田が押し込むという鮮やかなゴールが決まった。                     

韓国は終始一貫して日本のディフェンスの低さ、弱さをついてロングボールを多用、対応に右往左往するも何とかクリアしてここで前半が終了。                       

後半は韓国が日本のサイドを完封し、さらに香川や本田を徹底的にマーク、縦へのパスを通Photo_12 させず日本の攻撃の形を封じ、さらにこぼれ球を拾い、空中戦、速さで俄然強さを見せつけはじめた。日本は守勢にまわりパクチソン、チャドゥリを中心とする個人のフィジカルで押し込まれるわ、ロングボールを放り込まれるわで見ていて本当に心臓が悪くなる展開になった。                         

日本も岡崎を中心に何度か反撃に出るが、如何せん昨夜の岡崎はシュートがことごとく決まらず、やはりチャンスに(前半に)決めておくべきだったと悔やんでも後の祭り。延長戦にもつれ込んだ前半7分、岡崎が貰ったファウルを本田がはじかれて「万事休す」と思いきや、詰めていた細貝が冷静に押し込んで、ようやく日本は逆転した。しかし後半終了間際のFKの球をゴール間際でごちゃごちゃ攻防する中で結局、ゴールインされて2:2のドローで終了となる。

「120分間、仲間たちがフィールドで頑張ったのだから、ここで絶対止めないと、と思いました」の言葉どおり川島が最初の2人を止め、3人目を外させるという「重慶の川口」の再来となって日本は勝利をつかんだ。                                 
「PKは運のモノ」とはいうが、これは川島の経験値(読み)とド迫力に向こうの若手キッカーが負けたということ。タイメン張ったら絶対川島が強いと思っていた。                        

韓国のロングボールの多用。大体ロングボールは後進国サッカーのものと思っていたからPhoto_15 (日本では少なくともそういう風潮がある)「フィジカル、スピード、メンタリティは韓国でもテクは日本が上だ(アジアのバルサとまでは言わないが)」と思った。ただし韓国は強いけど、パクチソンとチャドゥリがいなくなったら今のままではヤバイ、「日本より格上」とはいえなくなるかも。

Sアラビアの主審、相変わらずわけの分からない笛を吹いていた。PKはどちらのも?だったし、日本のファウルは殆どノーホイッスル、韓国は倒れたらまず吹いてもらっていた。(と思ったけど)

香川が傷んだようだが決勝戦(vsオーストラリア)には出られるか心配。ここまできたら2004年以来の4回目の優勝を勝ち取ってほしい。                    

最後にパクチソンの言葉で締めくくろう。「どちらが決勝に行っても文句はなかった。」                                                          

« 「終わり良ければすべて良し」・・・アジアカップ準々決勝・対カタール戦 | トップページ | 韓流にはまる日々・・・あまりにも低かった女性の地位「黄色いハンカチ」・韓国ドラマ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

昨日の試合はお説の通り胃の痛くなるような試合であった。TVでの観戦ですが本田君が元気なく見えました。バックパスが多く、自分で状況を打開するような仕掛けが少なかったと思う。ゴール直前でのシュートというのも無く物足りなかった。前田はもっと厚かましく周りに檄を飛ばすくらい元気なプレーをしてくれると香川や本田や岡崎もだらだら出来なくなると思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402646/38614725

この記事へのトラックバック一覧です: 「終わり良ければすべて良し」その2・・・行くところまで行ったゲームだったけれど:

« 「終わり良ければすべて良し」・・・アジアカップ準々決勝・対カタール戦 | トップページ | 韓流にはまる日々・・・あまりにも低かった女性の地位「黄色いハンカチ」・韓国ドラマ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ