« イヤな予感が的中したヨルダン戦・・・アジアカップ:グループリーグ第1戦 | トップページ | 心まで寒くなるような冬の日々・・・ブログを書く気力も衰えて »

「終わりよければすべて良し」とはいうけれど・・・後味の悪かった真夜中の狂演

Photo
日本は前回のヨルダン戦と全く同じメンバー、布陣も同じ。対するシリアはSアラビアを倒して上昇気流にノリノリ、立ち上がりから激しいプレス、パスを巧みに回しながら日本陣営に押し込んでくる。しかし日本も決して慌てず、次第にボールキープを増やしながら相手のゴール前まで入り込み、左右のポジションチェンジなどで敵を翻弄しながらゴールを狙う。シリアのサッカーはヨルダンのような決して「アジア型ドン引き・カウンター狙い」ではなくむしろ攻撃的なパスサッカーである上に、接触したら怪我をさせられかねないようなラフプレーが多く、ファウルを取るのにもしたたかな試合巧者だ。                                                                     

しかし、わがチームもヨルダン戦に比べれば、はるかにアグレッシブで、ザックの要求する球Photo_2 回しも速く、ワンタッチ、ツータッチでパスを回し、縦へのパスも通す。ということで前半、一瞬の隙でどちらにゴールが決まってもおかしくない展開。そしてついに前半35分、本田が右サイドをドリブルでえぐり、上げたクロスを香川が受けてシュート、GKがはじいたボールを松井が落とし、これを中央左寄りに詰めていた長谷部が冷静にコースを狙ってシュート!。いやいや快心の一撃だった。                                        

これでわがチームは少しラクになり、いっそう落ち着いてボールを支配、この好機にもう1点という欲張りな希望は通らず前半が終了した。しかしこの時、あのようなヘンテコな展開が待っていたとは誰が考えたであろう。ともかく優勢をキープしてせめてもう1点加点して終わればいうことなしと思いつつ始まった後半はシリアが立ち上がりから猛攻をしかけてきた。                            

Photo_3 守備にまわりながらもゲーム支配権を取り戻すべく懸命に対応する日本にとんでもない災難?が降りかかってきたのだ。後半27分、川島がオフサイドとなるペナルティエリアにいたシリア選手を倒して一発レッドで退場、というとんでもない事態が発生したのだ。川島がボールをつかみ、相手選手が追いかけてきて両者転倒とみえたが、すでにその前にオフサイドフラッグが上がっており、ノーゲームだと判断するのが大方の見方だと思った。                          

ところがフラッグを上げた線審も中央に駆け寄り主審と言葉を交わすも主審の判定は「今野?のバックパス」ということで川島は退場、替わって西川が入り(前田out)、日本は10人で試合をすることになった。              

ところがその8分後、今度は岡崎がPA内でファウルをもらい、これを本田が蹴って再びスコアは2:1となる。    

Photo_5
「中東の笛」とはいわないが、レフリーのレベルが低すぎる。岡崎のもらったPKは先のシリアのPKのジャッジミスへの「プレゼント・・お返し」としか見えなかった。・・・ということでわけの分からないジャッジによるゲーム展開を見せられてもサッカーを見たことにはならずストレスがたまるばかりの試合だった。                                              

Photo_6 ちなみに試合後、今野は「あれは完全なオフサイド。俺は触ってもいない。」 岡崎「俺のもらったファウルはPKにはならない。」 長谷部「どちらもPKにはならなかった。」 いやはやこんな信頼の置けない審判ではゲームが成り立たないですね。                

JFAの原委員長は「審判員は日本のバックパスでオフサイドは関係ないと説明しているが、明らかな誤審。ビデオでも確認した。」としてAFC(アジア連盟)に文書で抗議し、GK川島の次戦出場停止処分の取り消しを求めることを明らかにした。いやはや、たいへんなドタバタ騒ぎだった。贅沢を言えばこの事件は最後のPhoto_8 シリアの猛攻をしのぐ中で起こったこと、それまでに(前半とくに)日本がせめてもう1点でも入れて置くだけの力が不足していた。(チャンスはいっぱいあったのに決めきれず)とくに2度も惜しいシュートを外したFW前田の奮起を期待する。                      

最後に今日のゲームのマン・オブ・ザ・マッチは本田、広範囲にわたる多様な仕事ぶりとPKを決めた(ちょっと危なかったけど)ことから当然の栄誉。しかし 改めて今日のゲームで評価しなおしたのは松井のしたたかな上手さと、長谷部の堂々たるキャプテンシー。そして吉田麻也が案外熱くなる性格だということ。残るSアラビア戦での快勝を期待します。Photo_9

« イヤな予感が的中したヨルダン戦・・・アジアカップ:グループリーグ第1戦 | トップページ | 心まで寒くなるような冬の日々・・・ブログを書く気力も衰えて »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402646/38462350

この記事へのトラックバック一覧です: 「終わりよければすべて良し」とはいうけれど・・・後味の悪かった真夜中の狂演:

« イヤな予感が的中したヨルダン戦・・・アジアカップ:グループリーグ第1戦 | トップページ | 心まで寒くなるような冬の日々・・・ブログを書く気力も衰えて »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ