« 犬どころではない不幸の中で・・それでも助かってよかった海に漂っていた犬 | トップページ | 健さんには北海道がよく似合う・・・「ぽっぽや(鉄道員)」1999:降旗康男監督 »

賛否両論の中で行われたチャリティマッチ:「日本代表vs J代表チームas One」・・・久しぶりにサッカーに励まされた

Photo
大阪長居球場での試合の前売り券は発売10分で完売(その後2000席追加分も)。3:11大震災後の、おそらく日本中の辛く重苦しい気持ちをひととき忘れさせてくれるに充分のイベントだった。(肉親を一瞬で失った人々や今なお避難所での耐え難い日々を耐えている人々にはそれどころではなかったと思うけれど) 試合の勝敗は二の次、ヨーロッパ組、カズ、俊輔など集められる限りのメンバーを集めて行われたこの試合は、乾いてカラカラになった土地が水で潤っていくように満員のサポーターやTV観戦者に元気を与えたかのように思われた。

試合の結果は2:1と日本代表が勝ったとはいえ、何といってもこの日の立役者はカズ(横浜FC)、44才のこの男は後半17分にトゥーリオのヘッドによるパスを相手ディフェンスを振り切ってゴールに運んだ。この日のカズダンスは永久に多くの人々に語り継がれる「伝説」になった。(写真上:遠藤のフリーキックで先制点を上げた代表チーム、写真下はカズダンスを踊るカズ) Photo_2   
指揮官はザッケローニとピクシー(ストイコヴィッチ)。ピクシーはかってボスニア紛争の中の失意の日々、来日して名古屋グランパスでプレーしたセルビア人。国連の空爆に抗議するゼッケンをつけてピッチに立っていたことを思い出す。Photo_3                         


そして一昨日ふたたび長居球場で行われたACLチャンピオンズリーグは乾貴士のゴールで全北現代に勝利。(ピンパオンのヒールパスを受けた乾がファーに走りこんでの胸のすくようなシュートだった。)    

                しかしこの勝利の立役者はGKのキム・ジンヒョンであるともいえるほど素晴らしいナイス・セーブの連発だった。彼は大震災直前の今期J・第1節で遠藤のPKを止めた韓国代表のルーキーです。(C大阪でプロデビュー)私のブログにも書いていました。                         

ヨーロッパではUEFAチャンピオンズリーグでインテル・ミラノ(伊)とシャルケ(独)が対戦。シャルケが勝利したがフル出場した内田と後半出場の長友の直接バトルになった。サッカーファンとしては何ともうれしいニュースです。                               

付記:海で助けられたワンちゃんの飼い主が見つかりました。よかったよかった。今日通院したときDrが「犬は10日くらい食べなくても生きられますよ。しかし寒さ(おそらく夜は氷点下)によく耐えたね。」といっておられました。がんばって良かったね、バンちゃん。

« 犬どころではない不幸の中で・・それでも助かってよかった海に漂っていた犬 | トップページ | 健さんには北海道がよく似合う・・・「ぽっぽや(鉄道員)」1999:降旗康男監督 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402646/39512548

この記事へのトラックバック一覧です: 賛否両論の中で行われたチャリティマッチ:「日本代表vs J代表チームas One」・・・久しぶりにサッカーに励まされた:

« 犬どころではない不幸の中で・・それでも助かってよかった海に漂っていた犬 | トップページ | 健さんには北海道がよく似合う・・・「ぽっぽや(鉄道員)」1999:降旗康男監督 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ