« やはり見てしまったキリンチャレンジカップ・国際親善試合「日韓戦」・・於札幌ドーム | トップページ

久しぶりに映画を見た・・「マイレージ マイライフ」(2009米)

Photo 心が安らかでないとなかなか映画を観る気になれない。(何しろドラマとは密度が違う。)しかし憂さを晴らす手段もなく、ここのところ観る韓ドラがもひとつということもあり久しぶりに映画(DVDレンタル)を観た。「マイレージ・マイライフ」・・原題は「Up In The Air」であるが邦題のほうが内容を上手く表わしている。                                   

ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)はオマハに本社を持つ「リストラ後始末」の専門会社の社員。彼は全米の企業から依頼される「リストラ通告代行屋」のプロ中のプロ。1年間のうち300日以上を仕事に費やし全米各都市をめまぐるしく飛行機で飛び回る日々を送っている。彼の信条は「人生は重いバックパックを背負って歩くようなもの。バックパックに入りきらない(または重い)荷物は背負わない。家族、人間関係etc・・バックパッカーは軽いほどいい。」 彼自身すでに中年の域に達しているが結婚しておらず、ワンルームにひとり暮らし、1年の300日は飛行機の中とホテルで過ごす。そして次から次へと依頼される企業のリストラでさまざまな人々と面談して解雇を通告するのだ。                                                    

「われわれの仕事はリストラを宣告される人々の苦痛を少しでも和らげること。」       

勤め先の上司やオーナーに「あなたは要らなくなった」といわれるショックよりも、第三者から丁寧に親身に寄り添われ(プロとしてのパフォーマンス)「このことを前向きに人生の転機と考えて・・。今後の身の振り方についてのお手伝いもします。その袋に資料一式が入っていますから。」といって渡す資料も実は3ケ月分程度の給料と半年程度の健康保険証だけなのだが・・。     

そんな彼に二人の女性との出会いが訪れる。ひとりはたまたま旅先で知り合ったキャリアウPhoto_2 ーマンのアレックス、もうひとりは新しく入社してきた、アメリカでも超名門のコーネル大学を首席で卒業したナタリー。ナタリーは「社員が莫大な出張費を使って全米を飛び回るのは大きなロス。本社のPCで解雇通告をしたほうが効率的だ。」と提案し会社も乗り気になる。ライアンはナタリーの提案に愕然とする。「少なくとも解雇される人に最低のリスペクトを払うべき。最低でも生身の人間が会って告げるべきだ。」「彼女は現場での仕事を一度は経験するべきだ。」というライアンの意見によってライアンとともに研修?の旅に出ることになる。「超エリートなのになぜこんな仕事を選んだんだ?」「恋人を追ってきたから。」                                            

ライアンはナタリーに旅の仕方から始め仕事のコツを全て伝授する。「バックパックは可能な限り軽く・・旅の仕方はアジア人が最も上手いんだ。」「それって人種差別よ。」(なぜ人種差別になるのか私はわからなかった?)かくいうナタリーも「恋人は白人でホワイトカラーのみ」と豪語する白人女性。しかし新人のナタリーは「解雇通告」現場に立ち会ってこの仕事の非情さに愕然とする。                                           

一方アレックスと”いい仲”になったライアンは「あくまで旅先で会うだけの割り切った関係。愛だの結婚だのとは無縁」というルールを作りひとときの安らぎを楽しむ。Photo_3             

おりしもライアンの妹が結婚するという知らせが届き、彼は急遽アレックスを伴い故郷の町に帰る。日ごろ連絡のひとつもしないライアンに姉は「あなたはいつも家族と無関係に生きてきた。家族の一員とは考えなかった。」となじられる。前夜のパーティも和やかに終わった結婚式の当日、新郎ジムが突然「結婚はしない」といいだす。「結婚した後、年老いるまでの道すじが全部見えている。つまらない人生だ。ライアンの自由な生活が羨ましい。」というジムに「人生行き着く先は皆同じだ。しかし君は過去を振り返って”しあわせ”だった想い出もPhoto_4 あるだろ。そのときひとりぽっちだったかい?それとも傍に誰かいた?」と説得、ジムの迷いを翻意させ結婚式は無事終わる。姉は「あなたも家族の一員ね。」とライアンを頼母しがる。故郷の人々は寄り添いあい、時にはいさかいながらもあまりにも濃密に人間臭く生きていた。    

この頃からライアンの気持ちも次第に揺らぎはじめる。「本当にバックパックの空っぽの人生がいいのだろうか? 人間関係を面倒だと切り捨ててしまっていいのか?」 仕事に戻った彼は突然、飛行機にのりアレックスの住むシカゴに向かう。前触れなく訪れた彼女の家には夫やこどもがいた。「私にとってはあなたは日常の憂さを晴らす非日常の中の存在。それ以上に何を求めるの?」と問われるライアン。                                            

ライアンは再び仕事に戻る。一方本社ではナタリーの提案で「出張なしのデスクのPCでの解雇通告」プログラムが始まり、ライアンの「In The Air」人生も終わり彼もデスク人間になるかに見えた矢先、PCで解雇通告をされた女性が(ナタリーに)「いいわ。死んでやるから。」といったとおりに橋から身投げして死んでしまうという衝撃的な事件が起こり、会社は世論を恐れて再び「出張」に戻す。ライアンの「出張人生」が再び始まった。「辞職届」をメールで送り退社したナタリーを気遣うライアンだったが、ナタリーは振られた恋人を追いかけて、LAで再就職したのだった。(ちゃっかり現代っ子!)ライアンは彼女の再就職に際して前上司として彼女の優秀さをアピールする推薦状を書いてやるのだ。今までだったらおそらくしなかったであろう彼女との人間関係ができた(それがいかに希薄であろうと)彼の行為だった。

ライアンは「出張」のため、身軽ないでたちで再び机上の人になるべく空港に向かう。      

そしてラストシーン、ライアンのセリフ「空が俺の帰る場所だ。」 しかし彼の行動は矛盾するように思えるのだ。キャリーバッグを運ぶ手がキャリーバッグのバーから離れるショット、次にライアンは全世界に飛ぶ飛行機の発着時刻表の前に立ち、表を見上げる。→ライアンは再び今までの日常に戻ったのか、それとも自由などこかに飛び立ったのか?ネットでいろいろなレビューを見ても解釈はそれぞれに違い、いわゆる観る人に解釈を委ねるということなら私は後者を強く感じたのだが。             

Photo_6
* サブプライム・ローン破綻から始まるアメリカのすざまじい不況の実態をシンプルに切り取り、「リストラ請負業」(これは日本にもある?)の盛況を見せる。ライトマン監督の前作「サンキュー・スモーキング」と手法は同じ。社会の深刻さをあまり重くならずに見られるが、私にはこの手の映画はもひとつ??だ。しかしジョージ・クルーニーは現在のアメリカを代表する名俳優。ゴールデングローブ賞に輝きオスカーにノミネートされ、映画自体も多くの栄冠を得た。                                           

*解雇される人々が「家族のために働いてきたが、この苦境も家族が支えてくれる。」と異口同音に話すところに監督の(小さくはあるが)メッセージを感じた。おそらくライアンの気持ちの揺らぎの伏線でもあったと思われる。                                

*アレックスとナタリーというふたりのキャリアウーマンもおそらく現代アメリカ女性の典型なのだろうか?しかし彼女たちはふたりとも「家族」「恋人」という”重い”荷物をバックパックに入れているのも興味深い。                                        

* ライアンは航空会社のマイレージ(フライト距離に付くサービスポイント)を貯め、史上7人目の100万マイル達成を間近にしている。すでに現在でも「ゴールドカード」の持ち主で超VIPの待遇を受けている。(ラスト近くに100万マイルを達成し、世界一周飛行の特典を得てこれをお金がなくて新婚旅行のできなかった故郷の妹夫婦に進呈するのだ。)Photo_7

           

« やはり見てしまったキリンチャレンジカップ・国際親善試合「日韓戦」・・於札幌ドーム | トップページ

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント


さみしいとき
あるよね
http://-buhbgf.t.monju.me/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402646/41241156

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに映画を見た・・「マイレージ マイライフ」(2009米):

« やはり見てしまったキリンチャレンジカップ・国際親善試合「日韓戦」・・於札幌ドーム | トップページ

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ